新型コロナウイルス感染防止に関する対応


HOME行事の結果・予定沿革牧会者の紹介ショートメッセージ



緊急事態宣言の解除に伴い、礼拝の回数を1回から2回に戻していますが、引き続き礼拝参加者数を制限しています。




礼拝

礼拝時間を短縮します。飛沫感染防止のために賛美の時間を短くし、室内滞在時間を短くするために説教時間を短くします。

礼拝参加者については、手洗いと手指の消毒の徹底と、当日朝の検温等の体調確認をお願いいたします。また、マスクをつけたままでの礼拝についても、ご理解をお願いいたします。

礼拝中は、換気のために窓を開放しますので、礼拝参加者は防寒対策をしてください。礼拝堂の定員は20人、階下の部屋(モニター閲覧による礼拝参加)の定員は10人といたします。礼拝堂では、一脚に二人ずつ着席してください。

聖餐式と洗礼式は、当面の間執り行わないことにいたします。

また、以下の方々につきましては、自宅での礼拝に努めていただけますよう、お願い申し上げます。
・ 発熱や咳など、懸念される症状がある方。
・ 新型コロナウイルスに感染した場合に重症化が懸念される方(高齢者、妊婦、喘息や糖尿病などの基礎疾患がある方)。
・ 高齢者と同居しておられる方、あるいは、高齢者との接触機会がある方。
・ その他、礼拝出席を懸念しておられる方々も、どうぞご自宅で礼拝を捧げるようになさってください。

なお、原則として教会員を対象に、礼拝の同時配信を行っています。視聴を希望される方は、当教会にメールでご通知ください。また、ウェブ会議アプリなどを利用して、祈り、学び、交わりの機会をインターネット上で持っていきます。詳しくは当教会にお問い合わせください。




マナタイム(愛餐会)

礼拝参加者による昼食の交わりは、当面の間休止いたします。




教会学校

対面と同時配信のハイブリッドで実施しています。




Voice of Adoration(女性ゴスペルクワイア)

オンラインが中心です。




セブン・ヘブン(水曜祈祷会)

対面と同時配信のハイブリッドで実施しています。




Ladies Circle

オンライン集会で代替します




HOME行事の結果・予定沿革牧会者の紹介ショートメッセージ